スカイマークの長距離国内線を利用して

スカイマークで福岡空港から新千歳空港へ

私がスカイマークの国内線を利用したのは福岡空港から新千歳空港まで向かうフライトです。
福岡から新千歳へは大手航空会社が運航していますが、割引の航空券を購入するには時期が遅かったので、できるだけリーズナブルに利用できる航空会社を探していました。
ローコストキャリアを利用することも考えましたが、福岡から新千歳ではフライト時間も2時間を越えることから、国内線の中では比較的長くなるので、機内で快適に過ごしたいという気持ちもありました。
その両方を満たす航空会社がスカイマークでした。
搭乗の数日前でしたが大手航空会社よりも安く購入することができました。
購入した時期から判断するとローコストキャリアよりも安かったので満足しています。
福岡から新千歳へのフライトの中で最も朝早いスケジュールが組まれているので、一泊の行程でもゆっくりと北海道での時間を作ることができます。
福岡空港はターミナルビルの改装工事中で利用者の多い路線や大型の航空機が運用されているフライトを中心にボーディングブリッジが使用できるゲートが使用されています。
スカイマークはすべて小型機での運航だったのでバスで搭乗する航空機まで向かうものと思っていましたが、新千歳行は保安検査場から少し離れていましたがボーディングブリッジを使用するゲートだったのでよかったです。
福岡空港の保安検査場通過後はカフェやちょっとしたお店もあるのでフライトまでの時間をゆっくりと過ごすことができました。

神戸⇄鹿児島 スカイマークで往復10,200円で取れました(*´∀`*)安い♪

— はいの (@hainokobito) 2018年2月13日

スカイマークで福岡空港から新千歳空港へ / 座席は通路を挟んで横3列ずつのレイアウト / 満足いくフライトを楽しむことができた